動画制作で広告動画を作ろう~映像の力で会社をピックアップ~

動画制作を行う

自分の絵が動くところを見たくありませんか

自分で描き上げた絵を見ていて、「動いたらいいな」と思ったことはありませんか。絵の練習をずっとしてきてある程度に上達してきたら、その静止画を動画へと進化させてみればきっと楽しめるはずです。 絵を使って動画制作をするということは、その動かしたい分だけのかなりの枚数の絵を描かないといけないことになります。しかしそれさえ乗り越えればパソコンを使用することによって、昔に比べれば簡単に動画制作をすることが出来るようになっています。 その場合は凝った動画を作ろうとすればするほどスペックの高いパソコンが必要になるので注意しましょう。ただしいきなり大作を作ろうとしない限りは普通に使えるパソコンのスペックがあれば十分でしょう。

パソコンのデータとしての絵

パソコンに絵をデータとして入力したい場合はだいたい二つの方法があります。一つ目は紙に絵を描いてそれをスキャナーという装置で読み取り、パソコンにデータを転送するという方法です。 二つ目はパソコンの中で絵を描くという方法です、この場合は直接データを作成するので紙に絵を描く必要はありません。しかしマウスでは紙と同じクオリティで描くことが難しいです。そのためペンタブレットといったものがあり、そのデバイスを使用すれば紙で絵を描くようにパソコンに絵を入力できます。 そして最後は動画制作をするためのソフトが必要になります。大変高価なソフトもありますが、まずはフリーソフトでパラパラ漫画が作れる物がありますのでそれから動画制作を始めてみてはどうでしょうか。

Copyright© 2015 動画制作で広告動画を作ろう~映像の力で会社をピックアップ~ All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加